てれひこ屋

日記&雑記帳。日常で感じたこと、好きなゲームのこと、いいと思った音楽のこと、自分のことを入れて煮詰めるための坩堝です。

【FE】最近、FE風花雪月ばっかりプレイしているので忙しい(ネタバレなし)

ほんと、タイトルの通りです。風花雪月、面白すぎて忙しい。

正直「FE新タイトルだからとりあえず買って遊んどこ」くらいの気持ちで始めたんですが、おっそろしく面白いです。おかげでブログのストックが無くなりました

ほぼネタバレなしでちょっとだけ感想というか、いろいろ書きたいです。

 

何がそんなに面白い

今回のFEは学園ものということで、主人公が教師となり生徒を指導し育成していくわけですが、この説明だけではとくに魅力は感じないんですよね。「へぇ~あそう」くらい

ところがどっこい

遊んでみたらどんどん引きずり込まれていくんですよこれが。

 

まず育成

 キャラクターの武器練度が上がるのがこんなにうれしいFEは初めてだ。今回は生徒が資格試験を受け 合格すればクラスチェンジできるという本格学園仕様なのだが、試験の合格率には武器練度が深くかかわってくる。彼らが目指す資格を取るために、教師としてどの武器に力を入れて学習するか指導することになる。このシステムがなかなか面白い。

また、クラスに関係なく武器を使用できるため(たぶん)、本人が得意ではない武器も積極的に使わせ、自由に資格を取らせることができるのも魅力的だ。おそらくやり込みたい人にとってはすごく楽しめるシステムになっている。資格は成長率の補正に関わってくるはずなので、好きな生徒を自分好みに育て上げることができるのだ!まあ本人の適正とか成長率の補正もあるから、魔導士系キャラを脳筋ムキムキにするのは難しいと思うが

 

ストーリーとキャラクター

 発売前、エーデルガルト(以降エガちゃんと呼びたい)、ディミトリクロードの3人が、学園編の5年後に対立しているような映像が公開された。

やばい、もう鬱展開じゃん…!最近鬱展開=神作品的なことがおおくない?みんなカタルシスを求めているのだ。

というわけで、今作は結構しっかり重厚なストーリーになっている。FEifのストーリーが結構微妙だったことを踏まえると、胃が痛くなるようなシビアさはなかなかうれしい(FEifはキャラゲーとしてはとてもよかったと思います。大好きですし。アサマもいるし。)

 実際、学園編でも細やかな部分で不穏さがあって、支援会話なんかも含めると生徒の背景にかなり重苦しいものがあったり、生徒たちは悪くなくて明るく仲間として接しているのに、政治的・家的にはよろしくない関係だったり、とにかく穏やかじゃない。先生、カスパルくんとペトラちゃんの会話で悲しくなったよ…。カスパル君は喧嘩っ早い明るく元気な貴族の次男なんですけど、とてもいい子なのに背景がやっぱり穏やかじゃないんだよ…。

最近のFEはぬるい!!と感じている方には大変満足していただける出来なのではなかろうか。

 

過去作品のいいとこどりでは?

学園編後半(たぶん)くらいまでプレイできているが、風花雪月にはFEの過去の作品を感じ取れる部分がそこそこある。

とくに「蒼炎」「暁」を感じる。据え置き機での発売ということで少しは意識しているのかもしれない。まずマップでユニットが3Dなのがすごく『蒼炎』『暁』味があってうれしかった。そして懐かしい。若干見づらさを感じないでもないのは秘密だ

個人的には騎馬ユニットの「再移動」もうれしい。今のところ黒鷲の学級(エガちゃんのとこ)は騎馬ユニットがわんさか使えるわけではないので「再移動」でボコスコ殴って退避して…というわけにもいかず、そんなに使い道が思いつかないのだが、思い出補正で嬉しさが勝っている。

戦闘システム的には魔法と回復が『エコーズ』っぽい感じがする。杖・魔導書なしで回数制限なのは結構使いやすい。戦技もいざというときに便利でいいと思う。弓系ユニットの曲射と狙撃は便利すぎてやばいです。ひきこもりのベルナデッタちゃんは戦場でバリバリ活躍してくれます。それから重装・騎馬に対して大ダメージを与えられる戦技もなかなか面白いですね。

 3つの学級から1つ選んで~というのはもう実質ifです。3ルートも遊べるとかてんこ盛りすぎます。やったぜ。

3ルートもあると全部クリアするの大変じゃね?と思う方もいると思うが、必要最低限の戦闘だけならそんなに時間かからないような気はします。今作はいろんな要素があるので、一つ一つをじっくり取り組むとものすごく時間がかかるのですが、本筋だけ進めるなら育成などは「おすすめ」とかで自動でやってもらって、毎月の課題出撃(絶対に戦うやつ)だけやれば従来のFEとそこまで変わらないボリュームになるのではないかと思っています。今のところですけど。

生徒の育成に関しても、得意武器・苦手武器、成長補正は決まっているのである程度育成の方向性は決まっています。あまりこだわらなければおススメでも十分に育つと感じました。最上級職まで考えるとまた違うのかもしれませんが…

 

 よだん

ちなみに一番気に入っている生徒は黒鷲のヒューベルトなんですが、お茶に誘っても全然フリータイムに突入できないんですよね…本編より難しいヒューベルト攻略(だが一周目はベレト先生…)

リンハルトくんは誕生日にお茶誘ったら見事全問正解し、初めてフリータイムに突入しました。気恥ずかしかったです。

 正直、初めてフリータイムに突入した時、何かしらいかがわしい響きに聞こえてならなかったですよ。

 

というわけで、いまFE風花雪月にドハマりしているのでブログの方は多少おろそかになると思います!!白状