てれひこ屋

日記&雑記帳。日常で感じたこと、好きなゲームのこと、いいと思った音楽のこと、自分のことを入れて煮詰めるための坩堝です。

流れるようにゆるキャン△の話をさせてくれ

 

最近強烈に忙しいのと、元気とやる気が仲良く旅立ってしまったのとでブログ更新サボってました。

ちょっと前まで割と仕事もブログも頑張ってたので、まあ仕方ないかなって感じです。

 

 

なんかダメだなーって感じになると、無性に音楽聴きたくなったり、急にアニメを見る気が湧いていたりします。そんな欲望のまま行動したおかげで、寝る前に私の好きな曲フェスを開催してしまって寝不足になったり、全然見ていなかったゆるキャン△2期をイッキ見したりしました。こういうときでないとなかなかアニメ見る気にならないので、むしろよかったかもしれません。

 

 ゆるキャン△2期になかなか手を付けなかったのは原作を読んでいたからと言うのがありました。どんな話になるのかわかっていたため、ワクワク感が薄かったんですね。

ところがどっこい、ゆるキャン△2期は 1話目にアニメオリジナルの話が入っており、これがとても良かったのです。

アニオリ部分はリンちゃんの初デイキャンプの話。一気に引き込まれました。

昔のリンちゃんもめちゃくちゃかわいかった。

 

その後はなでしこのソロキャンや、千明・あおいちゃん・恵那ちゃんの極寒キャンプ、伊豆キャンと、原作の流れに沿った内容でした。

2期はキャンプに慣れ始めた千明たちが冬のキャンプの危険な部分を実感したり、リンちゃんが原付で長距離を走るのをなでしこが心配したりと、『旅は楽しいものだけど、それに伴う危険もあるよ』というのを作品に混ぜてくれていましたね。より現実的にキャンプと旅を行うような内容になったと思います。

 

とはいえ!ゆるキャン△のキャラクターはみんなかわいくて、できれば危険な目に遭ってほしくないので、極寒の山中湖で千明達3人が凍えそうになる場面はちょっと見ていてつらくなります(笑)

伊豆キャンの最後、リンちゃんが一人で伊豆から身延に帰るシーンでも、なでしこがやたらとフラグを立ててくるので妙に緊張するんですよね~。

 

まあ、ゆるキャン△だったから事故にならないけど、現実ならそれなりに危険はあるよ!というのが伝わってくるストーリー展開ですね。フィクションだからこそ大切な部分だと思います。

 

 

ゆるキャン△2期もあっという間に見終わってしまい寂しかったので、今は実写の方のゆるキャン△をボチボチ見始めています。

こちらは原作のストーリーを若干前後させているようなので、展開が楽しみです。

実写ドラマは原作とアニメの両方を大切にして作っているのが感じられるので、わりと流れも似たような感じです。でも、ドラマ1期ではヒロシを出すなど実写ならではの工夫もしているので、実写は実写でよく頑張っていると思います。個人的にはもうちょっとアニメっぽさを脱して、なでしこたちには現実の女子高生的な雰囲気を出してほしかった気もします。原作・アニメを本当に大事にしているのは伝わってくるので、むしろ まんま実写化されてることを高く評価する人がいるのもわかるんですけどね!そこらへんは好みの問題かも

 

 

というわけで、ダラダラとゆるキャン2期の感想的なものを書いてみました。

 実写ドラマ見終わる頃にはアニメゆるキャン△1期を見直したくなってることが予想されます(笑)