てれひこ屋

日記&雑記帳。日常で感じたこと、好きなゲームのこと、いいと思った音楽のこと、自分のことを入れて煮詰めるための坩堝です。

MENU

2003年放送、リメイク版『高原へいらっしゃい』を視聴

 

いつもどおりだらだらツイッターを見ていると高原へいらっしゃいというドラマに関するツイートが流れてきた。どうやら高原のホテルを立て直すという話らしい。

もともと1976年に放送されていたドラマが2003年にリメイクされてTBS系列で放送されていたようだ。

 

 
高原へいらっしゃい(田宮二郎主演)【TBSオンデマンド】 第1話【動画配信】

↑こちらが1976年版

 


高原へいらっしゃい(佐藤浩市主演)【TBSオンデマンド】 第1話 荒野の七人【動画配信】

↑2003年版。舞台となるホテルは一緒のようだ。

 

高原のホテルというとそれだけで多少そそられるものがある。amazon primeビデオでとりあえず3話まで見てみた。1話300円以上かかるので気になる方はTSUTAYAとかゲオなんかのレンタルのほうが安上がりだと思います。

 

原作が1976年ということもあり、3話までの展開はベタベタのベタ逆に言えば展開が読めるので安心感があるといったところ。

高原のホテルを立て直すため、支配人・面川佐藤浩市)は自らスタッフを選び抜き、オープンに向けて奮闘する。そのメンバーというのが、バーでちょっと面白いトークをしていた男・石塚堀内健)、たまたまお店が停電したと思ったらさっそうと現れて直していった女性・山村(市川実和子)、初見の客が左利きなのを見抜いてコーヒーカップの置き方を変えたウエイトレス・本間井川遥)など…。運命的な出会いをしまくって 選りすぐりのメンバーを集めた支配人は何とかプレオープンまでこぎつける。

プレオープンの招待客は辛口ホテル評論家・神埼。かつて支配人・面川の勤めていた高級ホテルに宿泊し、ぼろくそに書いた記事を公開した張本人だ。その記事のせいか高級ホテルの経営は徐々に悪化し…と、面川とは何かと因縁のある相手。

評論家の神崎はわざとプレオープンの1日前にやってきた。まだ十分な準備のできていないホテルでなんとかおもてなしをする支配人たち。だがスタッフの統率が十分ではなく、神埼に無礼を働いてしまう。

業務をさぼりまくっていた電気&ボイラー技士兼接客の山村は何も知らなかったため、1日早く来ていた神埼を「おじさん」呼ばわりしたり、よくさぼりに来ている川原は星がきれいにみえるのだと神埼を案内したりホテルマン(ホテルウーマン?)とは思えない行動をしまくる。

2泊の予定だった神埼は「予定が入った」と2日目の早朝に帰宅する。

消沈する一同だったが、その後面川は神埼本人から思いもよらぬ言葉をを耳にする。

神埼は「最低のホテルだが、なぜか何度も行きたくなる」という評価をしたのだ。

なんというご都合主義…! かつて面川が支配人を務めた高級ホテルは「高級ホテルとしては完成されていたがそれ以外の魅力がなかった」らしい。結局神埼はスタッフとの距離が近い旅館的なのが好きなだけなのではないか…

ともあれ、プレオープンを無事に乗り切ったところで第3話は終了である。

なかなかのベタさ加減である。

 

高原×ホテルという組み合わせに加え、いまのところ先の見える展開ということでそこまで気を張らずに見れるのは気に入っているところだ。

暇なときにでも全話見てみたい気はする。

またキャストが個性的で、ネプチューンのホリケンさんや市川実日子さんのお姉さんである実和子さん、大山のぶ代さんが演じられている。普段ドラマを見ない私でも、知っている人がいるだけで見る気力が沸くというものだ。

 

 

しかし、1話300円+税か~という感がぬぐえなかった。全話レンタルで1000円!とかだったら迷わず12話全部見るんだけどなぁ…。…いやいやそういう考えがあるから経済が回らないのかもしれない(視野広)

 

TBSのドラマはそんなにドラマ好きではない私もたまにハマったりする。その最たるものが『カルテット』だ。カルテットに関しては好きになる要素しかなかったのでハマって当然ではあったのだが…もたいまさこさんや高橋一生、思わせぶりで深そうなせりふ回し、無意味そうで意味のある伏線、飯島奈美さんのおいしそうなごはんなど

今回のちょっと古いドラマ『高原にいらっしゃい』もTBSのドラマということで、最近はTBSに対する信頼が少しずつ増しているといったところだ。

【日常24】ひび割れ と 焼き菓子 と 風来のシレン

 

このブログ、数えるほどのアクセスしかないのはお察しいただけるとおもうんですが、なぜか火曜日になるといつにも増してアクセスが少なくなるのです。

なので、昨日投稿の記事では調子に乗って無意味極まりないポエムを書いたんですが、いくつかスターを頂いてしまって申し訳ない気持ちになっております。でもヘンテコ文章を書くのはちょっとたのしいんですよねえ…

 

昨夜はメンタルが音を立てて崩れていってしまって、寝る直前にはもう廃屋の窓ガラスの如くパリッパリにひび割れていました。

今朝も頭の中が霞のかかったようなもやもやした状態で脳内処理速度は極端に落ち、鬱に押しつぶされんとばかりの体のままなんとか立っていたのですが、なんの前触れもなく小包が届きまして。

差出人は姉の義母さん。

自作の『姪っ子おもしろ写真集』を送ったお礼だろうか。取りあえず開けてみるとなんと焼き菓子の詰め合わせっ!うおおー!(嬉)

焼き菓子が好きな私にとってはなんとも嬉しい贈り物。暗く垂れ込める黒雲のような鬱が少しだけ晴れた気がしました。

良いことがなくても、とってもつらくても、焼き菓子とお茶があれば何とか生きていかれる。お菓子とお茶やコーヒーを頂いている時、人は救われているのだ…

 

 

それから、いつまでたって晴れない頭の中に少しでも快楽物質を届けるため、スマホ風来のシレン』を購入。

不思議のダンジョン系のゲームは、ゲーム実況者さんのプレイを見て初めて知ったのですが、入るたびに変化するダンジョンに翻弄されながらも活路を見出すプレイヤーさんの姿は心から応援したくなります。

この手の「戦略」と「経験」と「運」が物を言うゲームは結構苦手で、「風来のシレン」シリーズもDSで発売されたリメイク作品を一つだけ遊んでみたのだが、全くへたくそなプレイしかできませんでした。やはり見ているのとやってみるのとでは全然違います。

私はRPGなんかで「ちょっといい傷薬はもったいなくて使えない」タイプの人間なのですが、『シレン』に関しては「もったいない」だなんて言ってられなくて、とにかくやばそうだったら道具を使って切り抜けないとすぐ死んでしまいます。ちょっといい道具を使う「罪悪感」を感じなくていいのもシレンの楽しさかもしれません。

スマホアプリ版はUIがあまりよくないとの評判が多くて、最初は不安でした。しかし、もともとSFC版をやったことがなかったのと、シレンそのものに思い入れがない状態で始めたのがよかったのか、そこまで操作性やUIに関して悪いとは感じていません。しいて言うなら、選択肢がちょっと間違いやすい配置だったり、アイテム複数選択がちょっとしにくかったりするかな…熟練の風来人にとっては大きな問題だとは思います。

 

へたくそなりにプレイしていると結構楽しいんですよね。すぐ死んじゃうけど、次また頑張ろう!いくぞ!って思えるんです。実況者さんのようにうまくはできないけど、何度かプレイしていくうちに今まで行けなかったフロアまで到達できたり、ちょっとずつコツを覚えたり。昔みたいに夢中になって遊べるゲームだなと思いました。シレン自体が20年以上前のゲームなんですけどね。古いゲームの良さってやっぱり今でも通用するものなんですね。

 

人のプレイを見ているだけでも楽しめる「シレン」ですが、実際にプレイすることでその難しさを理解するのもまた楽しいです。しばらくは自分を甘やかして、ゲームしたり実況見たり、シレン三昧にしようかな…

冷蔵庫の中身に関する独白

真っ白な、何もないところから書く文章というのは難しい。

何を書く?

説明文?感想文?日記?レシピ?批評?問題提起?絵?

 

今まさに、何もない『白紙の文書』に文を書こうとしているが、それはつまり自分の中に蓄積されたものから何かしらの材料を掘り出し、一つの物を完成させる作業だ。

 

 ***

 

冷蔵庫の残り物で料理を一つ作るのと同じだ。冷蔵庫の中に何もなければ何もできない。

 

 私の中にも使える材料が入っているものだとばかり思っていた。少なくとも学校を卒業してすぐの頃は、そんな風に思っていたような気がする。

働き始めるようになって、気づいた。きちんと保管していたと思っていたものが使えないものだった。全然使えないのだ。そもそもの中身が少なかったのに加えて、今まで積んできたと思っていたものの大半はダメだった。発酵すらしない。すべてが腐敗しているように感じる。

周りの人はみんな建設的に『人生』を作っていたが、私はそうじゃなかった。途中で何もかも放棄した。冷蔵庫の中身と相談して、新しい食材を買うことを放棄した。レシピを考えることを放棄した。何もしていないように見えていた人たちも、気が付けば何か形を成したものを作り出していた。

私は焦燥に駆られた。

調味料棚の砂糖が「飴」と囁いたから、飴を作ることにしたんだ。不格好で苦くて食べられたものではない、まずい飴を作って「これじゃない」と嘆いているのが私なのだ。甘い汁を吸うことすら満足にせず、なんとか人並を気取ろうとした結果がこれだ。

つらいものだ。人に見せることも味合わせることもできない。砂糖水を見せびらかして「これは私の作ったものだ」と言い張ることしかできないのだ。

なんと哀れなことか。こうなるともはや羞恥という苦汁をどこからともなく膿み続けることになるのだ。ひどい痛みを伴いながら、延々と苦く不味い飴を作り続け…

 

 

だが私は思った。

何もないなら、何もないことを利用してやろう、と。

私には使える材料など何もないが、物を見る目を持っている。聞こえる耳を持っている。ここまで生きてきた なけなしの経験と、温く柔らかく膨れた、すぐにでも血を吹き出してしまいそうな精神を持っている。

それで、いいのではないだろうか。

 

 

いっそ冷蔵庫の中身をきれいに掃除して 少しずつ足していけばいい。

 

 その前に、良質な氷でも作ろう。

私は天邪鬼な調理器具たちに声をかけ、鍋に水を汲む。

 

 ***

『こうもり傘の住処』 第3章 2節「冷蔵庫の中身に関する独白」より

【日常23】古い家のちょっと良いものと良くないものと私事

祖母の家を片付けに行った。

 

といっても死んだわけではない。祖母は昨年末から体調を崩し、それからずっと入院生活だったのだが、先日ようやく介護施設に入居した。祖母はまともに独り暮らしのできるような人ではなかったのに頑なに施設への入居を拒んできた結果、インフルエンザ+誤嚥性肺炎のダブルパンチを食らい、そこそこ厄介なことになってからの入院となったのだ。そこから4か月ほどの入院生活となり、やっと施設が決まって退院、施設に入居となった。世話をする側の人間としては、ようやく少し落ち着く…といったところだ。

 

ここまでの文章でお察しの方もいるだろうが、祖母のことはあまり好きではない。どちらかというと母の味方をしてきたから、父方の祖母を嫌っているというのはもちろんあるのだが、人間的にもあまりよろしくないと思っている。

入院生活で認知症もそこそこ進み、さすがに一人暮らしを許せば今度こそ命に係わるだろうということで、満を持して介護施設へ入居する運びとなったのだ。

 

今まで祖母の家で使っていた介護関係の器具の取り外しもあり、祖母の家も少し片付けたほうがいいだろうということで私も不服ながら手伝ってきた。

 

 

人の家を物色するのはなかなか面白い。我ながら悪趣味だが

「これはちょっといいな」と思うものや「なんだ、不気味だな」と感じたもの、「へんなもの」など、色んなものがあったので紹介する。

 

まずはこれ。
f:id:terehiko:20190415172400j:image

メルカリで売れそうな懐中時計。レトロ可愛いといえばそれっぽいかもしれない。


f:id:terehiko:20190415172458j:image

文字盤。これといって特徴はないが、ちょっと可愛らしい気もする。懐かしい雰囲気で大正ロマン的。

 散らかったテーブルの上に無造作に置かれていた懐中時計。当然のように針は動いていなかった。小さな時計だったけど、女性らしい華奢な作りといえばそれらしい気がする。祖母がこれを身に着けていた記憶は全くない。

 

 

続いてごちゃごちゃした鏡台の引き出しから見つけた小さな香水瓶。
f:id:terehiko:20190415172552j:image

小さなサンプルの香水瓶。なかなか素敵な小瓶だった。蓋は固くて開かなかった。両親が新婚旅行のお土産に買ったものらしいので、30年以上は放置されていたようだ。クラシカルな雰囲気がなかなか良い。

 
f:id:terehiko:20190415172744j:image

うら。内容量は4mLだったようなので、おそらく8倍くらいに濃縮されている。

香水瓶というのはやたらかわいらしい見た目の物があるが、この小瓶もまたそそられるようなデザインだ。蓋が開かない。中身が濃縮しているとなると、もう飾るくらいしか用途はない気がする。メルカリでも売れないと思う

 

キッチンにもちょっと惹かれるものがあった。
f:id:terehiko:20190415172915j:image

醤油差し…?水色の小瓶。中にブランデーとか入れてバニラアイスにかけるなどしたい(しないけど)。これに醤油入れるのはもったいないなー。写真を撮るためだけに軽く洗った。

醤油さしと思われる小瓶の底はヒビ割れたような加工がされていた。色がきれいだったので醤油を入れるのはもったいないように思える。かといってほかに何を入れたらいいのかあまり思いつかないし、やはり飾りにしかならない気がする。メルカリでうれるかも

 

綺麗なものはここまで。

ここから先はヘンテコなもの1つとちょっと不気味なもの1つを紹介。
f:id:terehiko:20190415173103j:image

寝室を守護していたベジータ。なぜだ。

 年寄りが住んでいる家の電気の紐を守護していたベジータ。何かのおまけだったのだろうが、唐突なコイツに拍子抜けするような気持だった。


そしてちょっと気持ち悪いと思ったもの。

なぜか天井からぶら下がっていた貝のようなもの。小心者の私はちょっとゾクッとした。なんかの魔除けか、土着のまじないか。

意味もなくあたりを見回す癖があるのだが、天井に妙なものがぶら下がっているのに気付いた。よく見ると貝殻のようだったが、こんな手の届かないところになぜぶら下がっているのか不明だ。怖い。

なおこの寝室に敷いてあった布団をひっくり返したところ、カメムシの死骸が6、7個ほど転がっており、もう何もかも見なかったことにしたいと思った。「カメムシ死の館」である。こわ。

 

まあとにかくものがたくさんある家だ。

まだまだいいものとやばそうなものがたくさんあるのだろう。次にそれをほっくりかえすのはいつになることか。興味はないようなあるような…。

 

やさがしのような真似をしてちょっとだけ申し訳ないと思わなくもなかったので、ほんのお詫びにおじいちゃんの仏壇周りを少しだけきれいにした。祖父のことも手放しにすいてあげることは絶対にできない。でも生前に一度だけ、なんの脈絡もなくお土産を買ってきてくれたことがあって、別にありがたくもないキーホルダーだったけどほんの少しうれしいような気もしたことがあった。それだけ。

死んだらいい人だなんて絶対に思わないから、死んだ後でも許せないことは許さない。それでも多少は気持ちを寄せてやってもいい。私の祖父や祖母に対する思いはそのくらいのものだ。

関係ないけど、母方の祖母は大好きだ。私は口下手で恥ずかしくてうまく話せないので代わりに手紙をよく出している。父方の祖父母と母方の祖父母では比較が馬鹿らしくなるほど差があるのは祖父母ら自身に原因があるので、決して私が鬼で、一方を贔屓しているわけでない。

【日常22】やる気が死滅してしまったので読書する

ここ数日、めっきりやる気というものが私の心身から消滅してしまい、寝て起きるだけの物になり果てている。本当に。

こうなると意識は当然のように自死へ向き始める。

私は「死ぬくらいなら好き放題やればいいじゃないか」という思考の持ち主なので、死にたさが募れば募るほど死ねないという天邪鬼っぷりを発揮するため、どうせ自死はしないとは思っている。

 

まあ、とにかくつまらない毎日を送るのは癪だ。何とかしなければいけない。ので読書する。

 

今回は群ようこさんではない。

多感な中学生の頃に出会ってしまった暗黒SF作家・小林泰三さんの新作『C市からの呼び声』である。

いままでブログに書いてきた本は大体ほんわか日常系というか、ナチュラルな雰囲気というか、女性向けの柔らかいお話が多かったのだが、本来好んで読んできたのは小林泰三さんの書くSF強めのホラーのようなミステリーのような、グロテスクなお話達だ。

 

小林泰三さんの作品で初めて読んだのは『脳髄工場』。脳に外付けデバイスである『人工脳髄』を付けることで犯罪を抑制している世界が舞台だ。

『脳髄工場』には他にもいくつか小説が収録されており、その中の一つに『C市』がある。この『C市』が非常に印象に残っている。得体のしれない‟やばい何か”を相手に戦うため、秘密兵器を開発する話なのだが…。

実は『C市』はクトゥルフ神話を元に作られている。C市で初めてクトゥルフ神話を知ったのだが、元ネタを知らなくても純粋に楽しめたのがよかった。

 

今回の『C市からの呼び声』は『C市』の前日譚。C市は本当に好きな物語だったので、10年近く経っているであろう今、前日譚を読めるというのは本当にうれしいことだ。

 

小林泰三さんの小説はひねくれていて緻密で精巧に計算されていて、たまにガチの物理をぶっこんだハードなSFがあったり、そうかと思えば得体のしれない不気味さや、思わず身じろぎしてしまうようなグロテスクで痛い描写があったり、とても魅力的だ。

 

小林泰三さんを初めて知った方におススメしたいのは『アリス殺し』だ。比較的最近の作品。「不思議の国のアリス」のようでそうでないような世界なのだが、魅力的なキャラクターが多く 比較的読みやすい。ホラー、推理小説などの興味がなくても物語として楽しめる。

 

なんとなくガーっと書いてしまったが、結局のところ小林泰三さんの作品が好きなので、少しでも多くの人に知ってもらいたいのだ。とくに『アリス殺し』は最近の小林泰三作品では本当に読みやすくて面白くて、「あぁ、いいな」って思える作品だったので本当におススメしたい。

 


アリス殺し (創元推理文庫)

4月24日に文庫本が発売されるらしい。お値段もお手頃になる。

 

 

 

 ***

ここ最近本当にやる気が出なくって、ブログも書くことがなくってなにも手を付けられなかった。今日は読む本が届いたしなんとなく何か書いてみようと思って手を付けてみた。

頑張って手を付けると意外と書けるものだ。驚いた。

面倒なので文章の見直しはしないし、脈絡がなくて変な文章もあるかもしれないけど、まあ文章書いただけでもえらいというものだ。やっぱり何かしら書くのは楽しいのかもしれない。

【日常21】寒い日の たそがれ時に

帰宅後、なんとなく余力を感じたので散歩がてら買い物へ行くことにした。

暖かい恰好をして外出したつもりだったが、冷たく吹き付ける風のせいで耳がとても痛くなった。

 

いいこともあった。

雲の浮いた物憂げな夕空を眺めながら歩くのはとっても楽しいのだ。パステルカラーに染まった雲の色を眺めていられるのも、この時間の楽しみだ。

 

↑グーグルが加工してくれた写真。とってもきれい。住宅が映り込んだ部分は一応ぼかしを入れてみたが…必要なかったかも。

 

眩しいほどの夕日はいつしか雲に隠れてしまった。それもまた、美しいと思える景色だった。

 

 

空模様を楽しみながらしばらく歩いた。

 

目的地のスーパーでは あまおうがなんと398円。激安。粒がちいさかったからだろうか

いつもは安くておいしい安定のルビーベリーだが、今日は特別にあまおう。

食べてみたら甘さと酸味が程よくておいしかった。 

 

ちょっと疲れた一日だったけど、いいこともあった。

夕空といちごに ありがとう。

 

 

 ***

あとは今後ブログでやろうかなと考えていることについてメモ的に書いてみます。

 

・詳しい自己紹介記事をつくる

 ちょっと前にプロフィール記事を書こうと思っていたんですが、面倒くさくなったのに加えてどうせ読みたい人もいないだろうなぁと思ったので放置していました。

初見の人向け、興味を持ってくださった方向けにあってもいいのかなぁと思えてきたので、そのうち自己紹介的なものの記事をupするかもしれません。

 

・ブログのデザインももう少しまともにしたい

ブログを作ってすぐのころに弄って、そのままにしてきました。今のテンプレートは気に入っているのですが、見出しとかはかなり適当なままなのでもうちょっと見やすくしていきたいですね。あとメニューとかも…。

弱小ブログではありますが、私にとっては小さな自分だけのおうちのような、居心地のいいネット上の住処です。少しずつ改築していきたいですね。

 

・カテゴリ整理

今はまだ困っていないんですが、『日常』と『好きなもの』ばかり増えていく上にかなりざっくりした分類なので、もしかしたら整理できてないのかも…と思い始めています。記事自体そんなに多くないので整理しようがないといえばそうなんですが、もうちょっと考えたいところです。

 

少しずつ手を付けていきたいと思います。

 

 

こちらもよろしくお願いします!

terehiko.hateblo.jp

 

KYOM、創刊。

全国の虚無リストの皆様、大変お待たせいたしました。

本日、虚無ファン誌『KYOM』発刊です!

何もすることがなくて極めて暇なときにでもお読みください!

 

drive.google.com


 本誌に書き忘れましたが、次回発行は未定です!!よろしくお願いします!

 

 

 

―というわけで、この一か月、私はこのようななんとも言えないもののために時間を費やしてきました。本当に思い付きで手を付けたのですが、いつの間にか頑張って作ってました。素人創作物なのでしょうもなさ全開です。

もしかしたら、こうやって公開したところで誰にも読まれず、だれの心にも残らないかもしれない。でも、作ったんだからアップしてみようよ。といったところです。むしゃくしゃして作りました。後悔はしていません。

 

もし読んでくださった方がいるとしたら、本当にありがとうございます。

心に何ものこらなくても読むのに費やした時間を返すことはできませんが、ただ感謝申し上げます。

 

f:id:terehiko:20190408150723p:plain