てれひこ屋

日記&雑記帳。日常で感じたこと、好きなゲームのこと、いいと思った音楽のこと、自分のことを入れて煮詰めるための坩堝です。

MENU

【日常60】秋と裁縫

 

普段使いの適当バッグがボロボロになってきたので新しいのに変えようと思っているんですが、あんまりお金かけたくないのと探すが面倒くさい。

 

なので自作でもしてみようかなと思いついたわけです。

 

 

はぁ、お前 針仕事なんて出来んの?

 

と思った方、甘く見てもらっちゃ困るぜ!!

 

 

去年、小物づくりブームが私の中で起こりまして、その時に簡単なものをいくつか作ってみたんです。

もともとは姪っ子のためにヘアバンドを作りたくてミシンを引っ張り出してきたんですが、一度触ってみるとなかなか楽しかったので、そのままいろいろ作って遊んだのがきっかけです。

ヘアバンドづくりはなかなか難しくて、あまり完成度の高いものはできませんでした。

が、その後余った端切れでテトラポーチやポケットティッシュ入れ、通帳入れなどを作りました。我が家のミシンはファスナー付け用のアタッチメントがあるはずなのに あるはずの場所にありません。通帳入れを作ったときはなぜか裏地まできちんとしようとしたためにファスナーの縫い付けがめちゃくちゃ面倒くさくて、結局 仮縫いした後なんとかミシンで縫い付けたという面倒な思い出が頭をよぎります。

とはいえ、自分の手で好きなように物を作れるのってすごく楽しいことなんだということを体感しました。

 

 

そういえば、中学校の頃の技能選択で家庭科を選んだ時に、同級生の子がジーンズをリメイクしてハンドバッグを作ったことがありました。あれを見たときの衝撃と言ったら。中学生でもこんなクオリティの物がつくれるんだ!と密かに興奮していました。

当時は自分で衣服やバッグを縫製してみたいなんて思ったことは一度もありませんでした。

大人になってからミシンを触ってみると、糸と布、ミシンがあればいろんなものが作れてしまうんだ、という、なにか感慨深さすら感じます。

 

 

 

 

……というわけで、普段使いの適当バッグを作ってみたい気がしているのですが、どんなバッグを作るかはもう大体決めていて、あとは布をどうするかといったところです。

柄物でもいいんですが、シンプルな布にして刺繍を入れるのも少し憧れます。刺繍はしっかりやった経験はありませんが、簡単なものならできるんじゃないかなと勝手に思っています。学生時代、ちょっぴり刺繍やってみたくて本と木枠を買ったことがあるんですよね…

まだほとんど何も決まっていないバッグ作りですが、少しずつ進められたらいいなーと思っています。

【日常59】いのちのせんたく

 

お久しぶりです。生きています。

 

前回の更新がほぼ一週間前なのですが、その間いろんなことがありましたね。

まあ、主に台風19号こわかったねという話なんですけど。

 

私の住んでいる地域は大雨洪水暴風警報や避難勧告は出たものの、川が氾濫したり浸水したりといった被害はなく、土砂災害も発生しなかったようです。雨が長い間振り続けていたように感じたので、さすがに今回は何かしら被害出るのかな…と不安に思っていましたが、予想に反してとくに何もなく過ぎていきました。

 

 いろいろ思うことはありますが、まずは被災地の復興を願いたいと思います。

被害を受けた方が納得できるくらいの日常を取り戻すには時間がかかると思いますが、ひとまず日々の生活に関して安心できる環境がいち早く整ってほしいですね。

 

 

台風の話おわり。

 

 

 

ここ数週間気持ちが落ち込み気味です。本当はへらへらして楽しく過ごしたいのですが、どうもそんな気分になれないので困っています。

 

最近グッと寒くなったので この間 温泉に入ってきたのですが、気持ちの落ち込みに温泉はこうかばつぐんです。

温泉の匂いにあったかいお湯、お風呂上がりの冷たい飲み物。

どれをとっても幸せしかありません。

 

温めよりポカポカ暖かいお湯の方が幸福度は高い感じがします。私はすぐのぼせてしまいそうになるので、あんまり長く入っていられないのが残念ですが…。

露天風呂が温めだと無限に入っていられる気がするので、それはそれで好きです。

 

お湯が熱いとき、水で温度を下げることを「うめる」と言いますが、うめる、という表現はなんか好き。具体的にどう好きというのは特にないのですが、好きです、うめる。

ある温泉に行ったとき、「お湯が熱いときは水でうめてください」という貼り紙を見ました。確かに内風呂の温度がちょっと高くて、足や指がジンジンするような感じでした。とはいえ、テレビで温泉紹介番組なんかをやっていると、常連さんが「あっつい風呂がいいんだ。うめるなんてとんでもない!」というのをよく見かけます。お湯の熱さもその温泉の個性だと思えば、うめるのは少しもったいないことなのかもしれません。

「うめる」という言葉と行為の魅力には、なかなかやる機会がないという要素も含まれているのでしょう…そんなことはないかもしれない

 

 

話は逸れまくりましたが、結局のところ、お風呂で温まるというのは精神衛生にたいへん良いように感じるのです。もし精神を患うようなことがあったら湯治でよくなりそう…などとしょうもない妄想をして、本日は終了。

あ~、車で5~10分くらいのところにいいお湯があればいいのになー。このへんは田舎の魅力すらないダメ田舎なので、温泉施設はおろか、銭湯すらまともなのがないんですよね。温泉ほしいなー。気軽に湯治できるカジュアルONSEN ゲストハウスほしいなー(もうめちゃくちゃ)

 

記憶の片隅に残る音楽を探しに、ネットの海へ

数年前、お世話になっている銀行が主催する小規模なピアノコンサートを聴きに行った。会場は少し洒落た感じでコンパクト、落ち着いた雰囲気のホールだった。そのままレストランとかバーにできそうな感じだったのが印象に残っている。

 

そのコンサートの一番の目玉というか、注目の演目的なものはピアノとヴァイオリンの二重奏だったのだが、基本的にはピアニストの方が何曲か一人で演奏し、最後に二重奏というプログラムだった。

 

プロのピアニストの生演奏なんて小学生の時以来だったと思う。

プログラムには曲目と作曲家が書いてあったが、だれでも知っているような有名なものではなかった。比較的マイナーなものが多かったと記憶している。私が無知なだけかもしれないが

ピアニストさんが得意なもの、好きな作曲家を集めたプログラムなのかもしれない。 全体的にちょっと暗い雰囲気の曲が多かった。

 

 

演奏のほとんどは覚えていなくて、プログラムも とっくにどこかに無くしてしまった。

が、一曲だけ「もう一度聴いてみたい」という曲があって、そのことがずっと頭の片隅に残っていた。

本当ならコンサート終了後に調べてみればよかったのだが、 当時はピアノの曲というとサティのCDばかり聴いていて 他の作曲家には目もくれなかったので、結局調べずじまいだった。

 

 

 

もう随分時間が経つというのに、いまだにその曲が何だったのか気になっているので、思い切って探し出すことにした。

うろ覚えで間違ってるかもしれない断片的な情報としては

 

・フランス人の作曲家

・基本的に暗いけど、ちょっぴり華やかな部分もあった気がする

・少なくとも当時私の知らない作曲家だった

・覚えづらいタイトル(何とか曲第何番 みたいな)だった気がする

 

こんなところ。

探すにあたって使える情報は「フランス人」という部分だけだ。あとは個人の主観なので、役に立たない。しかも、フランス人作曲家という情報すら合ってるのか不明なので、ここが間違っていた場合はもう一生見つからないだろなぁ・・・といったところ。

 

 

とにかく、フランス人の作曲家にどういう人がいるのかを調べるところから始め、それらしいような名前の人の曲はyou tubeAmazon musicで片っ端から聞いてみることにした。

 

最初は「聴けばわかるかも」なんて思っていたが、そんなことはなかった。

とにかく目についた作曲家で検索して、聴いて、それらしいかそうでないかを片っ端から判別していくしかなかった。

 

その中でいろんな音楽を聴いた。

目的の作曲家・曲ではなかったが、こんなのも見つけた。


黄金色の亀を曳く女...(ピアノ) ~ イベール 作曲 ~

黄金色の亀を曳く女。

この曲を聴いたとき最初に思ったのが「ALI PROJECTの北京LOVERSの間奏ってまるまるこれだったのか」ということである。

ALI PROJECTの楽曲にはしばしばクラシック音楽の引用が見られる。何気なく聴いているフレーズも引用だったりするので、たまにテレビから流れるクラシック音楽で引用部分が流れるとハッとする。

この曲を作曲したイベールという人物は割と最近まで生きていた人(といっても1960年代くらいまで)なので、著作権的にどうなのかは微妙に疑問があるのだが、引用元を知ることができたのはまあよかったかなといった感じ。

「黄金色の亀を曳く女」は切なげで素敵な曲なのだが、どうも北京LOVERSが頭をよぎってしまうのが残念だ。知る順番が逆だったら印象が全然違ったのだろうなと思う。

 

 

 

 

さて、道草を食ったが、結局 目的の曲は見つかったのか、というと。

それらしいものを見つけることはできた。

正直、それっぽい気がするだけで、本当にその曲だったのかはよくわからなかった。聴けばわかると思っていたけど、そんなことはなかった。

 

プーランクという作曲家の音楽を聴いたときになんとなく「こんな雰囲気かもしれない」と思えたので、プーランクの曲を集中的に聴いた。

明るめの曲ばかりだったので、違うかなぁとも思ったのだが、一つだけ暗い中に華やかさも感じられる曲を見つけることができた。


Francis Poulenc - Improvisation 15 Hommage à Edith Piaf

エディット・ピアフを讃えて

 

聴いた後の印象の残り方がコンサートで聴いたものとなんとなく似ている気がしたし、特徴的な部分とそれ以外の部分の感じ方もそれっぽい気がした。

この曲以上に当時聴いた曲と近いものは見つけられないような気もした。

 

弾く人によって雰囲気もガラッと変わるだろうと思ったのでいくつか演奏者の違うものも聴いてみた。

you tube上で素敵だなと思ったのが次の動画だ。


エディットピアフへ捧ぐ/pf.佐野隆哉

 

テンポは速いが、音の一つ一つが粒だっているような感じがして好き。急なお米的表現

 

最初は「近いけど、これじゃないかもしれない」と思っていたが、聴いていくうちに「もしかしたらこれだったのかもしれない」になっていった。そう思おうとしているだけかもしれないし、実際にこの曲だったのかもしれない。釈然としない終わりではあるが、『エディット・ピアフを讃えて』自体は素敵な曲だし、この曲を知れたことに関してはよかったと思っている。

 

よくよく調べてみると、プーランクという人はそれこそサティやドビュッシーラヴェルなんかとほぼ同じ時代を生きた人で、彼らより若い世代の人だった。プーランクが若いころに影響を受けた作曲家としてサティやラヴェルを挙げていたそうな。

この時代のフランスはなんだかすさまじい。

 

 

クラシック音楽というと、大昔の貴族的な人が作曲したもののように思っていたが、1900年前後あたりになると全くそんなことはなくて、だいぶ現代的な感じすらしてくる。

1900年代半ばとか言われると、だんだんクラシック音楽というジャンルの基準がよくわからなくなってくる。クラシックかそうでないかは、きっとその道のプロが仕分けてくれるだろう。私のような素人はその分別に甘んじておけばいい。

それにクラシックだろうとそうでなかろうと、いい音楽はいいし、合わないものは合わないし。

 

マ・メール・ロワ2種盛り 素人感想セット

最近なんだかもやもやしていたのでブログをさぼりまくりました。

とはいっても、そろそろ何か書かないとアクセスしてくださってる方に申し訳ない。

それに書きたいことがないわけではないんだよなぁ…PCに向かう元気がないだけで…。

ということで何とか書いてみることにしたのである。取り急ぎ書いたので誤字脱字内容の薄さは許してね

 

 

先日ちょっとだけお出かけしたのですが、その際の移動時間が暇すぎて暇だったので、なんとなく持ってきたウォークマンの中の音楽を漁っていました。そこで見つけたのがラヴェルのピアノ版マ・メール・ロワ

 

この曲は以前オーケストラのコンサートで聴いたことがあったんですが、全体的な印象としてはなんだか柔らかくてホワホワしていたような感じがして、ちょっぴり不思議な感じのする曲だったと記憶していました。途中急に中華になるところも印象深い

オーケストラを聴いたときはとくに予習せず聞いたので、聴きどころが難しく感じていました。

 

 

せっかくウォークマンにピアノ版入ってるし、暇だし、軽い気持ちで聴いてみました。

 

ピアノ版はシンプル故に骨格がしっかりしているように思います。もともと子供向けに作られた曲だという話は聞いたことがあったので、そんな理由もあってよりシンプルで音が少なく思えたのかもしれません。

しかし、第2曲からは普通にがっつり作られているような…いったい対象年齢はいくつくらいを想定しているのでしょうね…第5曲の最後、大団円的な高まりをみせる部分は、ピアノ版でももちろん壮大に盛り上がります。こんなもん子供が弾けるか!!

 

ラヴェルはピアノで作曲後、オーケストレーションをするというパターンが多いみたいなのですが、『マ・メール・ロワ』に関しても同様です。

 

個人的な印象としては、

シンプルでストーリーがはっきりしていて線画〜水彩画の絵本のように感じられるピアノ版。対して、超美麗グラフィック実写化長編映画的に重厚な物語を綴るオーケストラ版。

といった感じ。

 

もちろんどちらも素敵なのですが、『マ・メール・ロワ』を聴くときはまずピアノ版を聴いてからのほうがわかりやすいように思いました。

 

 

余談。マ・メール・ロワというのはマザーグースという意味のフランス語。内容的にも「眠れる森の美女」や「美女と野獣」といったなじみのあるタイトルがつけられています。「美女と野獣の対話」では『ジムノペディ』のようなワルツのリズムがとられている部分があるのですが、解説では「サティ風」とか、「サティの影響を受けた」とか書かれている場合がある。興奮した

 

 

本当なら動画でもぺぺっと貼ってあればわかりやすいのですが、動画を探して貼るまでのやる気はわかなかったので本日はここで終了です。

ちなみに今回の記事で言いたかったのは「ピアノ版は絵本っぽくてオケ版は映画っぽい」でした。

次回はもうちょっと頑張って書きたいですね…。たぶん次もピアノ関係の記事になると思います。

てれひこ屋、1か月1000PV達成

9月のPV数が1000を超えたと、はてなブログからお知らせが来ました。やった~

 

毎日100とか1万とかアクセスのあるブログさんからしてみれば「なんだいこのザコは」みたいな数かもしれませんが、ブログ名「てれひこ屋」で雑記以下の内容しか書かない意味が不明すぎる弱小ブログにしてみれば1か月のPV数が1000を超えるというのはなかなかおめでたいことなのであります。

 

 

9月のアクセス数は目に見えて多かったです。

これといった原因はわからなかったのですが、もしもドロップシッピングの記事を書いたあたりから急激にアクセス数が伸びたので、多少関係はあるのかもしれません。

 

まあ、お金の香りのする記事なので多少は人も見てくださるのかもしれません。

 

 

とはいえ、それだけがアクセス数の伸びの理由とは言えないのです。

実は『てれひこ屋』のアクセス元で一番数があるのはgoogle検索なのですが、いつもアクセス数の多い『やっぱり猫が好き』関係の記事がいつも以上に伸びてたんですよね。

 

 

あれこれ理由を考えてみたんですが、特に思いつきませんでした。

強いて言うなら、映画『記憶にございません』の脚本・監督である三谷幸喜さんは『やっぱり猫が好き』と強いつながりがあるためにその恩恵を受けた可能性がある、というくらいでしょうか。

ちなみに『記憶にございません』見に行きました。気楽に楽しくみれていい映画でした。テレビなんかで放送されてもきっと喜ばれるタイプだと思います。お茶の間でワイワイ言いながら見るのも楽しそうです。

 

 

最近はまたアクセス数が落ち着いてきているので、10月は今までと同程度のアクセス数になるのではないかと思います。

まあ、こんな雑記以下の内容しかないブログに人が来たところで、申し訳なさしかないので、あんまり人がいないほうがいいですね。たぶん。

たくさんの人の目に触れるのはうれしいことですが、有益なことは何一つ書いてないブログです。ほとんどの人にとっては無価値無意味な文書ばかりなのは百も承知。できれば検索結果を荒らすような存在になるのは避けたいのです。

 

 

…とはいえ、PV数1000越えは一応喜んでもいいことなのではないかと思いまして、珍しくブログ運営に関する記事を書いてみました。

自分のことなので悩まずスラスラかけて楽しかったです。

こんなブログでも、自分の居心地のいい秘密基地みたいなものですからね。

今日はガチ休み

うん、今日は本当に本当のブログ更新お休みの日です。

最近は食欲に任せて食べすぎてしまってるし、体重も着々と増え、大きく成長しています。もうね、落ち込みながらも食べちゃうんですよね…。「たべちゃえ!」って。
あ、今「馬鹿な女ね(プークスクス)」って思ったでしょ!!
…まあそのとおりなので特に反論はできませんね……。

なんだか楽しくもなければ悲しくもない、退屈な日々が倍速で過ぎていってしまってて困ってます。
なんとかしたいところです(悩)

豚ヒレ肉はどうしたら化けるのか

「また豚肉の話かよ」なんて言わないで。私の胃袋は飢えているのよ。

 

 

ヒレ肉を調理したことのある方はどれだけいるだろうか。

私は何度か豚ヒレ肉を買ったことがある。安売りしてたからだ。

だが、いざ調理しようとすると、何を作っていいのかさっぱりわからない。

 

よく見かけるのは紅茶煮だが、豚肉の紅茶煮でおいしいものを食べたことがないのでイマイチイメージが湧きづらく、作ろうと思わない。

それに、豚ヒレ肉は下手に『焼く・煮る』するとどうもパサついてしまう。

トンカツであれば美味しさは間違いないが、面倒なのは言うまでもない。主に後片付けがね

 

 

とはいえ、脂肪が少なくいかにも健康的ですと言わんばかりな豚ヒレ肉、どうにかしておいしく食べたいものだ。

 

 

煮ても焼いてもパサつく。脂肪分が少ない。

 

…あれ?

これって鶏むね肉に似てないか?

 

つまり豚ヒレ肉というのは豚の味がする鶏むね肉だったのだ!!!やや斜め下の認識

 

 

鶏むね肉を扱うように豚ヒレ肉を調理すれば、ヒレ肉の良さを生かしながらおいしく頂けるのでは…?

 

例えば『鶏ささみや胸肉で梅肉+シソを巻く』レシピを豚ヒレでやるならば…

ドライトマトとチーズを薄くスライスした豚ヒレ肉で巻く』とかになるのではなかろうか。

棒棒鶏のように、茹でた豚ヒレにおいしい謎タレをかけるだけでもいいのではなかろうか。

夢、広がる。

 

 

というわけで、いつか豚ヒレ肉を急に買ってしまったときはちょっと試してみたいと思います。

やる気が湧かないのでこの辺でお開きにいたしましょう。