てれひこ屋

日記&雑記帳。日常で感じたこと、好きなゲームのこと、いいと思った音楽のこと、自分のことを入れて煮詰めるための坩堝です。

おいしいチャーシュー、できました。

 

「そうだ、チャーシューを作ろう」と思い立ってから早数日。

叉焼だけで何記事書くつもりなんだって感じですね。 まあ前回のはさぼり記事だったけど。

 

先日チャーシューについてあれこれみっちり予習をしました。

terehiko.hateblo.jp

 

すべてはとろとろしっとりチャーシューを作るため。

 

材料を確保してさっそく着手。

 

以下の材料は詳しいようで詳しくないちょっと詳しい分量だ。目測や深い理由なく入ったり入ってなかったりするものもあるの各自でアレンジするように。

 

 

材料

豚肩ロース かたまり 1個

ネギの青い部分 適当

ショウガ ひとかけ

ニンニク ひとかけ

水 いっぱい

 

調味液

醤油 100㏄

めんつゆ 50㏄

みりん 100㏄

砂糖 ティースプーン2~3杯

 

 

今回、肉は豚肩ロース肉を使った。バラ肉で想定していたのだが、スーパーには肩ロースのかたまり肉しかなかったのと、その肉が置いてある場所にチャーシュー用のネットも置いてあったので「この肉を使われよ」ということだと思ったので豚肩ロースにしました。いい感じに脂が入ってておいしそうな肉でした。

 

注意)ネギ、あったと思っていたのに小葱しかなかったので、小葱のもうダメそうなヨレヨレの部分を入れたのは家族には秘密だ。醤油のほかに麺つゆが入っているのは、まあ、なんかダシ入ってるし、うまみ出そうだし?(醤油が濃そうだったからビビっただけ)酒は入れたかったけど、我が家には調理酒という文化がないらしかったのであきらめた。砂糖は実は人工甘味料つかったので、白砂糖とかザラメなんかを使う場合は君の味覚で確かめろ!!

 

 

続いて料理手順に移ろう。

今回はスロークッカーで長く下茹でし、最後に軽く調味液で煮て冷やすレシピにしました。

 

↑我が家のスロークッカー。扱いが単純簡単で中の陶器鍋とフタをわしゃわしゃ洗うだけのお手入れでOKなのがありがたい。

 

 

下準備

ショウガはスライス、にんにくはつぶして、ネギの青い部分と一緒にスロークッカーに入れておく。スロークッカーがない場合は肉がすべて収まるくらいの鍋に入れておく。

 

調理

1.肉をフォークでブスブス刺す。満足するまで刺したら、めん棒で満足するまで叩く。

2.肉をいい感じに巻いてネットに入れる。縛り師の人はタコ糸で縛るのにチャレンジしてもいいでしょう。

3.フライパンで焼き目をつける。

4.ネギの青い部分、ショウガ、ニンニクを入れておいたスロークッカーに焼いた豚肉を入れる。水をかぶるくらいたっぷり入れて加熱開始。

5.水から茹でて、弱で4時間、強で1時間茹でる。

6.気が済むまで煮たら調味液を準備する。醤油、めんつゆ、みりん、砂糖をまぜ、煮汁を200㏄を加えたら調味液の完成。

7.片手鍋に調味液と豚肉を入れて10分煮る

8.煮えたら調味液ごと 程よいタッパーか、フリーザーバッグに入れる。

9.粗熱が取れたら冷蔵庫で保存。丸一日程度漬けておくと味がよく染みる。

 

以上で完成である。

 

冷蔵庫で保存するため脂が固まる。食べるときは加熱するのがよい。

 

写真? そんなものはない!!!

出来を見たい人は実際に作ってみよう!!

 

 

では実食だ!!

 

見た目は売り物の煮豚のよう。まん丸でいい感じの色に染まっている。

端っこを切ってみると…スッと刃が入った。

ピンク色っぽいきれいな肉と……成形が甘かったためにできた空洞。

 

肉を食べてみると…

しっとりおいしい!!

 

冷蔵庫から出したばかりで脂が固まっている状態だったが、ハムのようにしっとりしている。味も良い。なかなかおいしいじゃないか!

 

 

今回は蒸しもやしの上にチャーシューを並べ、調味液をに軽く煮詰めたものを上からかけて食べることにした。

温められたチャーシューはそれはそれはおいしかった。しっかり脂が残っていて、口当たりが良い!

塊の真ん中らへんは薄味ぎみだったが、後からかけた調味液のおかげで平気。

チャーシュー自体がそんなに熱くないからか、とろとろとまではいかなかったが、もしラーメンなんかに乗せていたらおそらくほぼ理想のチャーシューになっていたのではないだろうか

 

初めてにしては上出来だ!

 

 

 

反省会

今回は初めてのチャーシューづくりということで、豚肉に遠慮があったように思う。フォークで刺すのもめん棒で叩くのも、すこし気を使ってしまった。結果、弾力と厚みのある肉はうまく巻けず、一部空間が開いてしまった。次回からは手加減なしでやろう。

茹で時間や温度に関してはもっと研究の余地がありそう。今回はなんとなく最後だけ火力強めで煮たが、弱でも長ーく茹でれば肉の中までキチンと火が通ってるはずだし、あまり心配しなくてもいいのかもしれない。

調味液も工夫したらもっと楽しそうだ。

 

 今回のチャーシューは自分でも満足だったし家族にも好評だったので、ひとまず大成功と言っていいだろう。

なにより、おいしかった。

せっかくスロークッカー使ってやるのだから、今度は2個一緒に作ってもいいかもしれない。1個だと割とすぐ消費しちゃうし…。

 

 チャーシューづくり、楽しかった!!