てれひこ屋

日記&雑記帳。日常で感じたこと、好きなゲームのこと、いいと思った音楽のこと、自分のことを入れて煮詰めるための坩堝です。

掃除している人はえらい!お掃除を毎日の習慣にして1か月経った所感

 

 

帰宅後に掃除をするという習慣をつくってから1か月ほど経過しました。

今も無事に続いています。

 

↓ 掃除を習慣にした話

terehiko.hateblo.jp

 

 

最初は掃除機掛けとモップ掛け程度で満足していましたが、最近はトイレ掃除や洗面所の掃除に加え、気づいたときに蛇口の水垢落としなんかもしています。

 

 

掃除は精神衛生的にも良いぞ!自己肯定感が高まる!

いきなり自己啓発っぽい胡散臭い話をするんですけど、ダメな感じの人間がやる気のないなりに得た知見なので安心して聞いてください。

 

なんと、帰宅後の掃除は精神衛生的にとても良いことが判明しました。

 

私はやる気のないダメダメ人間なので、いつも仕事で零喜八憂くらいしてます。 わかりにくい

で、毎日毎日「あ~今日は何にもうまくいかなかったなー」って思いながら帰路につくわけですが、帰って一生懸命 お部屋の掃除をすると「あ~今日もよく頑張ったなー」と、自分に対する評価が一気に好転するんですよ。

だから最近の私は毎日よく頑張っています。以前よりずっと頑張り屋さんです。

なんというライフハック。天才的発想。

 

 

 これは本当に、自分の中ではすごい発見でした。

仕事の出来が悪くても、充実した一日を過ごせなくても、その日掃除をしただけで「自分はきちんとお掃除しててえらい!よく頑張った!」と思えるんです。

 

だから、毎日お掃除している人は毎日自分を褒めたらいいと思います。とてもえらいです。

毎日がなんとなく辛い人もお掃除をしてみましょう。疲れているのにお掃除できる人はそれだけでとてもえらいです。

自己肯定感低めの方にも漏れなくお掃除をおススメします。お掃除をする人はそれだけでえらいので。

 

帰宅後じゃなくても、朝起きてすぐでも、いつだっていいと思います。

掃除をしたという事実が心の支えとなり、その日の満足感を底上げしてくれるはずです。

 

 

清潔な環境に慣れてくれば、掃除は習慣になる

 ほぼ毎日のように掃除をしていると、掃除後の気持ちよさとか、きれいな状態の部屋に慣れてきます。

逆に、床に汚れがついていたり、ゴミが落ちていたりすると目につくようになります

これがまた掃除をするための原動力になるのでありがたいです。

 

掃除を習慣にして最初の頃は(昨日も掃除したけど、今日も同じところを掃除する意味あるかな?)なんて思っていたんですけど、一日経つと結構ホコリやゴミが床に落ちているんです。そうなると自動的に「今日も掃除しよう」と思えるようになります

 特にダイニングキッチンは食べかすや食材のクズなんかが落ちている場合が多いので、いつでも掃除しごたえがあります。

また、床掃除をすると、フローリングを歩いた時の感触がいつもよりサラサラしているような気がして、とても気分がいいです。自分自身が気分よく生活できるようにするためにも掃除をする、というのも掃除を習慣化しやすかった理由かもしれません。

 

掃除をすれば必ず結果がでる。だから続けられる

どんなに汚い部屋でも、どんなにひどい汚れでも、掃除をすれば必ず元の状態より綺麗になります。掃除を全くしないのと、少しでもやるのとでは全く違います

少しでも、短時間でも、範囲が小さくても、掃除をすれば必ずそこは綺麗になっているんです。

世の中、努力しても報われないこととか、努力の方向が違うこととか、うまくいかないことがいろいろたくさんありますけど、掃除は必ず成果が見た目に現れます。掃除は裏切らないのです

 

ひどい汚れでも、何度もこすっていくうちに綺麗になっていく場合もあります。それは間違いなく努力の証部屋がきれいなのは掃除を頑張った証です。

つまり掃除をした人はえらいということになります

ほぼ毎日お掃除をしている私はとてもえらいということになる

 

本当に落ちる見込みのない汚れなら、それはそういうものだとして受け入れてしまえばいいのです。

 細かい部分がきれいにならなくても、掃除をしただけでえらいんですから。

 

まとめ

ということで、長々と書いてしまったのでザックリまとめ。

 

帰宅後にお掃除をすることで精神的に良い効能がありました。

疲れておうちに帰ってきた状態でお掃除をやると、それだけで自分に対する評価が爆上がりし、自分を褒め称えることができます。

そして毎日掃除をすることで部屋がきれいに保たれると、それが普通になっていきます。こうなると習慣づけは簡単です。自動的に掃除したくなります。

部屋がきれいな状態というのは、それだけで努力の証と言えるでしょう。努力している人はとてもえらい。つまりお掃除する人はえらいんです。

 

掃除は結果がわかりやすいし、続けて損することもないのでホントにおススメですね。私は基本「オレナンカドーセ…」とクサクサしている人間なので、掃除をするだけで自分を褒められるようになるなんて大変お得に感じました。掃除しているだけでは人生は開けませんが、掃除をすれば多少気持ちは軽くなります。自分を褒めることもできます。こういう小さなことを頑張るというのも、なかなか悪くないですよ。